1. アドベネック
  2. アドベネックのブログ
  3. ポケモンGO
  4. 【ポケモンGO】人はなぜ天保山に集まるのか?!

Posted on Sep 5, 2016 by matsushita shohei

【ポケモンGO】人はなぜ天保山に集まるのか?!

記事カテゴリー: ポケモンGO

ポケモンGOの聖地として名高い天保山はここが違う!天保山に人が集まる理由をまとめました。

西のポケモンの聖地として名高い天保山およびマーケットプレイス。
なぜ人はこんなにも集まるのか、一度行けばすぐわかります。

ポケモンGO をやっていない人も多いので補足しておくと、ゲームの目的の一つとして図鑑を埋めるというものがあります。
現状約150種のモンスターが出現する設定なのですが、そのすべてを集めることを目的としたユーザーがいるということが前提となります。
後述しますが、ポケモンGO ではモンスターがランダムで出現しますが、地形によって出るモンスターが決まっているため、図鑑を埋めようと思えば実際にいくつか異なる場所に行ってプレーする必要があります。

ポケストップが密集しており、出現するポケモンの種類が豊富

天保山公園およびマーケットプレイスは狭い範囲にポケストップが密集しており、ほとんどすべてに常時モジュールが刺さっています。
これはユーザー数が未だに多いことを示しており相乗効果でポケモンがより出現しやすい土壌があることを意味します。
違う地形間を行き来する必要がないので時間短縮になりますし、そもそも出てくるモンスターが大阪市内とは異なっており、短時間で図鑑が埋まっていきます。

blog160905

天保山公園は水辺にある公園ですが山にもあたるのか、平地・水辺に出てくる様々なモンスターが出現します。

僕は9/2の晩に行きましたが、天保山公園とマーケットプレイスで下記のモンスターを捕獲することができました。

フシギダネ、ヒトカゲ、ピカチュウ、サンド、サンドパン、サイホーン、ピッピ、プリン、コダック、ガーディ、マンキー、ニョロモ、ワンリキー、メノクラゲ、タッツー、ロコン、ポニータ、イシツブテ、コイル、ベトベター、シェルダー、パウワウ、ビビリダマ、ガラガラ、コイキング、オムナイト、ハクリュー

とにかく狭い範囲で出現する種類が多い。モンスターボールもかなり消費しますが歩きまわれば現地調達もある程度可能です。
自分もサンドパン(サンドの進化版)とガラガラ(カラカラの進化版)とオムナイトは初めて捕獲に成功しました。

みんなの狙いはレアポケモン?

みんなラプラス狙いなんですかね。海遊館の裏でひたすら待ってるユーザーもいました。
僕の場合このゲームは運動不足解消という目的もあるので天保山公園とマーケットプレイスを行ったり来たりしてたんですが、ある時ユーザーの大群が一度に大移動をしだすことが数回ありました。
恐らくリアルタイムでモンスターの出現位置を共有するサイトを見ているのでしょう。レアなモンスターが現れると、大移動がはじまり、それに追随するユーザーを生み、レアなモンスターの出現がわかります。
天保山公園とマーケットプレイスは歩くと数分かかるので、大移動が始まってから動いても遅い気もしますし、そこまでしなくても、、、とは思いますがラプラスは本当にレアなので、「ラプラスが出たぞー!」って言われると我先にという気持ちもわかります。ただ街灯があると言っても足元は暗いですし、段差も多いですから注意は必要ですよ!
ちなみに僕がいた2時間ほどでラプラスは出現しなかったと思います。少し出現回数が落ちているようですね。

夜でも安全?

夜中に見知らぬ街を一人で歩いていると、ちょっと怖いんですが、ここではあまりにもユーザーが多すぎて警備員だけじゃなく警察官までいることも。
大阪港駅から徒歩10分もかかりませんし、街灯も明るく、ユーザーも家族で来ていることも多くて夜でもちょっと安心です。
変な森に一人で行くくらいなら天保山に行く方がいいとは思いますが、それでも注意は必要ですよ。

マーケットプレイス

この記事をシェアする

このカテゴリーの一覧に戻る

松下 正平

この記事の投稿者

松下 正平matsushita shohei

アドベネック代表。 WEB制作会社にてコーダーとして実務を経験し、2002年より独立。2006年アドベネック設立。長く大阪市内に住んでいましたが、今は学生時代を過ごした枚方に移住。ゲームは主に通勤時間にやっています。趣味は音楽鑑賞とサッカー観戦。 Googleのデジタルワークショップ修了しました。

  • Ps
  • Ai
  • Pr
  • Ae
  • Dw

同じカテゴリーの投稿

最近の投稿

記事のカテゴリー

アドベネックのSNS