1. アドベネック
  2. アドベネックのブログ
  3. ポケモンGO
  4. ポケモンGO ジム戦は何が楽しいのか?

Posted on Aug 16, 2016 by matsushita shohei

ポケモンGO ジム戦は何が楽しいのか?

記事カテゴリー: ポケモンGO

ポケモンGOでみんながジムを攻める訳を説明。攻める側が絶対有利なのでCPの差があっても確実に勝てます。

ポケモンGOでよくきかれるのか「ジム攻めて楽しいの?」「ジムにおるモンスターめちゃ強いからやる気にならない」の2点。
その返答です。

ジム攻めても楽しくはないです。笑

アクションゲームのように操作方法によってCPが全く違う相手を倒せるわけではないし、操作も「タップ(通常攻撃)」「スワイプ(攻撃を避ける)」「必殺技(長押し)」しかないので楽しくはないですね。
サイズXSのポケモンは避ける際の速度が速く、XLのポケモンは馬力が強いというCPとは分離された特性があります。トレーニングでは1体でジムを攻撃するのでXSの個体の方が攻撃を回避しやすくHPを消費せずおすすめです。
※この他に「逃げる」と「モンスターの交代」ができます。攻撃中の回復はできません。
単純なシステムで特に面白い訳ではないですが、それでもみんなジムを攻めに行くのは「ポケコイン」がもらえるからです。
ポケコインはアイテムと交換できるのでモンスターやアイテム保持の上限を上げたり、しあわせタマゴやふかそうちに換えるわけです。
ポケコインと交換するのはどのタイミングでもできるのでモンスターを配置した瞬間、ショップの右上のアイコンをタップすれば確実に10コインはもらえます。
1度交換すると21時間は交換できないので、ジムの密集している地域では1度にもうちょっとコインがもらえるように近くにあるジムを攻めます。
ジムに配置してコインと変換できる上限はモンスター10体ですから、最大21時間に1度100コインもらえるチャンスがあるわけですね。
西区新町あたりだと他のジムを攻めてる間に配置したモンスターが返ってきているので自分は確実に21時間に10コイン派です。

手持ちのポケモンが死んだらどうなるのか

愛着あるモンスターが死んだら嫌だからジムに行かないって人はご安心ください。平成のゲームシステムは優しいです。
ジムを攻めて返り討ちにあったモンスターは瀕死状態なので「げんきのかけら」で復活します。
ジムに配置したモンスターもHP1の状態で帰ってくるので回復系のくすりで元通り。
一度ジムに配置して誰にも攻められなかったらそのモンスターは帰ってこないですが基本はノーリスクですね。

ジムのシステム

ジムはレベルによって配置できるモンスター数が決まり、ジムレベルは名声によって決まります。
ジムでトレーニングして自軍のモンスターを1体でも倒せば名声は増えます。名声が一定量に達すればジムレベルがあがり、配置できるモンスターの数が増えます。
ジムを攻めて他軍のモンスターを1体でも倒せば名声は減ります。名声が一定量下がればジムレベルが下がり、配置できるモンスターの数が減ります。
攻めれば攻めるほど自分にメリットがありますし、いつかはジムも落ちます。どれだけ時間がかけられるか、ですね。

単体で他チームを攻めるより、自軍チームのジムをレベルアップさせた方が長持ちする

・・・ような気がします。
単体で他チームのジムを落としても、都会だとその後自分が配置したモンスターが数分で倒されてしまって、1度に10コイン以上入手するのが難しいです。
それなら自軍のある程度レベルの高いジムを攻撃(トレーニング)して、少しレベル高めのモンスターを配置した方が良いですね。
地元のジム(レベル7くらい。下から2,3番目くらいのCP)なら2日ほど配置されたままでした。

相手のCPが高すぎて攻める気がしないは間違い

手持ちのポケモンのCPは1000~1200あたりで、ジムに配置されているのが2000越えの場合、絶対勝てないと思いがちです。
トレーニングの場合1体で攻撃するのでその通りなんですが、他の軍の場合はアプリが選んだ自分のポケモン6体(自分で入れ替え可能)で攻めるので、相手が1体ならまあ勝てます。
※属性の絡みがあるので絶対ではないですが、、、
だからユーザーが多い地域のジムは30分もたないわけです。

絶対課金してなるものか!!と燃えてましたが、、

ジムリーダーだ!

意地でも課金したくなくていつもと違う電車で帰ったりいろいろ工夫してるんですが、よく考えたらその電車代を課金すれば時間が節約できるのではないか?と思わないでもないです。笑
まあでももうすぐ不惑ですから。意地でも課金しません!

この記事をシェアする

このカテゴリーの一覧に戻る

松下 正平

この記事の投稿者

松下 正平matsushita shohei

アドベネック代表。 WEB制作会社にてコーダーとして実務を経験し、2002年より独立。2006年アドベネック設立。長く大阪市内に住んでいましたが、今は学生時代を過ごした枚方に移住。ゲームは主に通勤時間にやっています。趣味は音楽鑑賞とサッカー観戦。 Googleのデジタルワークショップ修了しました。

  • Ps
  • Ai
  • Pr
  • Ae
  • Dw

同じカテゴリーの投稿

最近の投稿

記事のカテゴリー

アドベネックのSNS