1. アドベネック
  2. アドベネックのブログ
  3. Radiation Island
  4. Radiation Island [野生動物との遭遇編]

Posted on Jun 23, 2016 by matsushita shohei

Radiation Island [野生動物との遭遇編]

記事カテゴリー: Radiation Island

僕はまだ知りませんでした。Radiation Islandでは野生生物と戦うには包帯がいるということを!!

Radiation Islandをプレイした初日。
愚かにも深くゲーム内容を理解せず拠点を離れてしまったがためにひどい目に遭いました。

狼に襲われ、謎の状態異常。

綺麗なグラフィックが話題の「Radiation Island」ですが、そこはスマホゲーム。動物に襲われるとどこまで武器が届くのか、などがよくわかりません!!

狼に襲われた!!

この頃は動物が方向転換するのが苦手らしいので背後に回り込んで攻撃する「オシリぺんぺん攻撃」を身につけていなかったので簡単に攻撃をくらってしまいました。
しかも、いきなり拠点を離れてしまったので出血を止めるには包帯が必要などという制度があることも知りません。
自分が出血していることに気がついたのも後になってから。とにかく拠点に戻ろうとウロウロしていたら、他の狼に囲まれ敢え無く死んでしまいました。

ライオン囲みすぎじゃね?!

やっとゲームといえど狼を撲殺するという行為に心が痛まなくなってきた頃、ちょっと遠出してみたら可愛いネコ科動物がこちらにやってきました。
ちょっと前まで昼の13時によくみたライオンちゃんですよ。物凄い勢いで近寄ってきて引っ掻かれました!!

ライオンに襲われた!

画面下部の赤いオブジェクト。三角が3つありますが、それは3匹のライオンに囲まれているということ!!
上部の異常を知らせるゲージから、もう出血の度合いが回復できないほどになっているのがわかります。この直後天国に行ってしまいました。
ライオンは常に集団で行動しているため、飛び道具を手に入れるまでは必殺やられ人ですよ。狼に酷いことした罰ですね。

クマって二足歩行でしたっけ?!

ライオンに勝つのを諦めてルートを変えたら、今度は熊に囲まれました。。。
最初に遭った時は二足歩行で近づいてきて、出血した上に骨折という絶望的な状態異常。熊強すぎ!!

熊に襲われた!

骨折すると動きは遅くなるという泣き面に蜂な状況。
包帯持ってない。骨折を一瞬で治す副木知らない。唯なすすべもなく熊に蹂躙されるのみですよ。
近頃老人が山に入って熊に襲われるというニュースがよくやっていたので妙に悲しくなってしました。

臥薪嘗胆!一度死んでから新たな武器「槍」を持ってリベンジをすることにしました。
「精霊の守り人」のテンションで向かって行ったら、まさかの投擲用の槍だったらしく、一撃で素手に。またも熊の餌食となりました。

ワニ、忘れてました。

そうそう。忘れていました。ワニ。
水のあるところにはワニがいるんです。砂浜とかまだちょっと恐怖なんですが、崖から登ってくるのが遅いこと、遅いこと。
飛び道具を持っていれば攻撃をくらうほうが至難の業。
このゲームの一番の被害者のような気がしますね。

ゲームが進むとただの皮要員となる悲しき野生生物たち

防具はなかなかなくならないし、宝箱から山ほど出てくるので、バックパック拡張後は野生生物に使ってる時間はありません。
あれほど大切にしていた攻撃用アイテムも数日プレーしたら節約するのがバカバカしくなってくるため、狼にすら銃を使ってしまいます。
後に出てくるゾンビと比較すると、ただの邪魔しかない悲しき野生生物たち。
でも僕は君たちを想って、終電間際のOLくらい夜道を気にして歩いた日々を忘れないよ。
楽しいサバイバル生活をありがとう。
僕は今、ゾンビをマシンガンで撃つ日々を送ってます。

この記事についての補足

Radiation island

iOS 7.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。
バージョン: 1.0.6
サイズ : 775 MB
価格:360円

Radiation islandのダウンロードはこちら

この記事をシェアする

このカテゴリーの一覧に戻る

松下 正平

この記事の投稿者

松下 正平matsushita shohei

アドベネック代表。 WEB制作会社にてコーダーとして実務を経験し、2002年より独立。2006年アドベネック設立。長く大阪市内に住んでいましたが、今は学生時代を過ごした枚方に移住。ゲームは主に通勤時間にやっています。趣味は音楽鑑賞とサッカー観戦。 Googleのデジタルワークショップ修了しました。

  • Ps
  • Ai
  • Pr
  • Ae
  • Dw

同じカテゴリーの投稿

最近の投稿

記事のカテゴリー

アドベネックのSNS