1. アドベネック
  2. アドベネックのブログ
  3. ホームページ作成のヒント
  4. ブログを更新する目的

Posted on Apr 13, 2017 by matsushita shohei

ブログを更新する目的

記事カテゴリー: ホームページ作成のヒント

ブログを更新する目的はサービス間の橋渡しと日頃から露出を増やし繁忙期に備えるためです。

元々ブログの更新が推奨されていた理由はサイトのボリュームを増やすためと、内部リンク数を増やすためでした。
しかし、現在はページ単位での評価が主流となっているのでよほど小さな規模のサイト(100P以下など)でなければサイト規模の増加を目的にブログを更新するメリットは少ないでしょう。
ブログを更新する目的は大きく2つにわけることができます。

ページ間の橋渡し

ユーザーを誘導したい自社サイトのページがあるとします。
SNSや広告など、いくつか考えられる流入元の中でまずは検索サイトからの流入を増やしたいと考えますが、「具体的な情報を書けない」「情報がマニアック過ぎて検索キーワードになりえない」といった理由でそのページを工夫しても流入数を増やす事が難しいケースは実際よくあります。
そういった場合ブログを使って検索サイトと誘導したいページの間を結ぶ情報を作成します。

リンクの設定

橋渡しである以上、ブログの本文中にユーザーを誘導したいページへのリンクを設定します。
PCサイトの場合はサイドメニューなど共通部分のリンクを設置していたましたが、スマホでは見落とされがちです。より具体的なキーワードから関連するページに飛ばす場合は共通要素にリンクを設置するより本文中からリンクする方が実用的なのです。例えば例えばこんな感じです。
このリンクは機能しませんが(申し訳ございません!)、文脈の中にリンクがあった方がクリックされやすいことがわかります。
このように、橋渡しを目的にブログを書く際には出口に意識を向けましょう

通常のウェブページと何が違うのか?

普通のウェブページとブログページで何が違うのかですが、ブログページの方がトップページから到達しづらい点と、1つの話題で完結している点でよりマニアックなテーマの発信に都合が良いのです。

露出を増やす

業態によりますが、日常品でもない限り見込み客だけを対象にしていては日々の更新が徒労に終わる時期があります。
この場合、自社をユーザーに常に認識させ、ユーザーが見込み客に変わる瞬間まず最初に自社を思い出してもらう努力が必要になってきます。
このため、ホームページは適切な量と頻度で常に更新し、「Aというサービスが必要な時はBという会社があったな!」と思ってもらえるような刷り込みが必要です。
理想を言えば信頼性の上がる内容が欲しいところですが、まずは露出量です。
更新内容は必ずしも仕事に関係していなくてもかまいません。

この場合、サイトに訪れてもらうことが重要なので、橋渡しの目的で作成したページとは異なり出口は必要ありません。
しかし、実際繁忙期にユーザーがサービスの利用を考えた時に検索サイトを経由してくる可能性が高いので自社サービスや店舗の名前はしっかり覚えてもらわかなくてはなりません。
(当然、検索した時に1位で表示されるような名前であるべきですよ。)

すぐに結果が見えないと思うのでまずはユーザー数が増加すればひとまずは成功でしょう。
セッション数ではなくユニークユーザー数(おしゃれな人はユーユーって言ってました。)をチェックしながら更新を続けましょう。

ピークの設定

露出を増やして自社を認識させたい場合一番問題になるのが暇な時は頻繁に更新していたのに、繁忙期になると更新が止まってしまうことです。
実際には繁忙期ほど露出を増やす必要があるわけですから繁忙期になる前にいくらかの記事はストックしておきましょうね。

より読まれるために

1つのブログの自然検索の流入数はそれほど多くならないはずです。
ですから、ブログをSNSで拡散する手法が一般的です。
各SNSでバラバラに担当をつけて投稿するより、本サイトで1つブログを更新して、それをシェアすることで効率的に情報を拡散することができます。

この記事についての補足

ブログを続けていると、自分が正しい文法で文章を作成できているのかが気になってきます。 このブログではややこしいので省きましたが、「正しい文法」とはつまり「相手に伝わる文章」。ブログを書き、それを見直すことで自分の表現を客観的に観察し、修正することで相手に伝わる表現力を身につけることがブログを続ける目標のひとつだと思います。

この記事をシェアする

このカテゴリーの一覧に戻る

松下 正平

この記事の投稿者

松下 正平matsushita shohei

アドベネック代表。 WEB制作会社にてコーダーとして実務を経験し、2002年より独立。2006年アドベネック設立。長く大阪市内に住んでいましたが、今は学生時代を過ごした枚方に移住。ゲームは主に通勤時間にやっています。趣味は音楽鑑賞とサッカー観戦。 Googleのデジタルワークショップ修了しました。

  • Ps
  • Ai
  • Pr
  • Ae
  • Dw

同じカテゴリーの投稿

最近の投稿

記事のカテゴリー

アドベネックのSNS