1. アドベネック
  2. アドベネックのブログ
  3. WEBサイト運用
  4. 【再掲載】Chromeのアップデートに伴うSSL化について

Posted on May 17, 2019 by matsushita shohei

【再掲載】Chromeのアップデートに伴うSSL化について

記事カテゴリー: WEBサイト運用

Chrome 68やiOS12.2のsafariで非SSL化サイトへの警告が表示されるようになりました。実際の表示状態を見てみましょう。

2019/05/17 追記
以下でChromeのアップデートに伴うSSL化について記載させていただいていたのですが、iOS12.2よりiphoneのデフォルトのブラウザであるsafariでも非SSL化サイトで「安全ではありません」と警告が入るようになりました。
Chrome 68のアップデート時点では「急ぐ必要はない」というスタンスでしたが、GoogleだけでなくAppleも非SSL化サイトに対して警告を出した今や急ぐべき事柄となりました。

非SSL化サイトに対するsafariの警告

非SSL化サイトに対する警告とその対応のおこり

2018年GoogleのブラウザChrome 68でURLがhttpから始まるサイトの場合「保護されていませんと」いう警告が出るようになりました。
各方面でかなり煽られていたので耳にされた方もいらっしゃると思います。
実際の警告は下のようになります。

Chrome68の警告

SSLが簡単に導入できるサイトについて

SSLとは簡単に言ってしまえばページ遷移間のやり取りを暗号化する技術です。
Xserverやロリポップサーバは簡易的なSSLの導入を無料でできるので費用面では負担が少なく済みます。
ただし、Wordpressが入っていればデータベースの内容を書き換える必要がありますし、静的なページであっても全ページ修正する必要もあります。
あと盲点なのがSearch Consoleなど外部サービスの再登録ですね。

アドベネックではサイトのSSL対応を15,000円(税抜き)で対応させていただきます。
※ご依頼の際にはサーバのコントロールパネルの情報が必要となります。
※サーバによっては無料のSSLが用意されておらず、別途契約がひ様なため年間・月間の費用が必要となります。
※一括置換ができないサイトは別途お見積りとなります。

急ぐべきことか?

個人的にはSSLが導入されたからといって検索順位が跳ね上がったというサイトは少ないんじゃないかと思います。
URLが変わるということは外部に登録されているURLも変更しないといけません。(旧URLから新URLへの強制転送はかけますが、自分たちで管理しているものはそのままにしておかない方がいいでしょう。)
ただし、GoogleがSSL化を推奨している現実があるので、今後流入が落ちるようなら対応すべきでしょう。
急ぐ必要はありませんが、いつかはやらないといけないことだと思ってくださいね。
※2019年に警告を発するブラウザが増えた為、急ぐべき事柄となったと思ってください。

WordPressで動作が緩慢に?!

まだ実例を見た回数が少ないので何とも言えませんが、Chrome使用時にwordpressの画像挿入時かなり動作が遅くなっていました。(2018/11/22追記)
イレギュラーな状況かもしれませんが、原因はSSL化非対応である可能性が高いです。

この記事をシェアする

このカテゴリーの一覧に戻る

松下 正平

この記事の投稿者

松下 正平matsushita shohei

アドベネック代表。 WEB制作会社にてコーダーとして実務を経験し、2002年より独立。2006年アドベネック設立。長く大阪市内に住んでいましたが、今は学生時代を過ごした枚方に移住。ゲームは主に通勤時間にやっています。趣味は音楽鑑賞とサッカー観戦。 Googleのデジタルワークショップ修了しました。

  • Ps
  • Ai
  • Pr
  • Ae
  • Dw

同じカテゴリーの投稿

最近の投稿

記事のカテゴリー

アドベネックのSNS