1. アドベネック
  2. アドベネックのブログ
  3. Webサイトの集客
  4. 公式ハッシュタグを決めよう!

Posted on Jan 20, 2018 by matsushita shohei

公式ハッシュタグを決めよう!

記事カテゴリー: Webサイトの集客

自然発生的な拡散だとハッシュタグが分散して情報がまとまらないデメリットが考えられます。

インスタグラム

ホームページだけでは集客が難しい

今やホームページなどのオウンドメディアだけでは顧客の獲得は難しく、SNSなどの活用が活発になっています。(SNSは広告だらけ)
SNSの更新は手間がかかりますがある程度は無料で活用できるので中小企業であってもなんらかのSNSのアカウントを運用していくことになるでしょう。

ハッシュタグは一致している方が望ましい

ハッシュタグとはキーワードの頭に#をつけることを言い、SNS内の検索時のグループ分けに利用されいます。
特にインスタグラムではフォローしているユーザーの投稿だけでなく、「犬」や「猫」「芸能人名」といった具合に自分が気になるテーマを絞って検索するため、ハッシュタグは必須です。

しかし何かのイベントを行う際に、参加者が自発的にfacebookやインスタグラム、Twitterなどでハッシュタグをつけて情報を拡散してくれる場合がありますが、自然発生的な拡散だとハッシュタグが分散して情報がまとまらないデメリットが考えられるのです。

ある人は#アドベネック、ある人は#adbeneq といった具合ですね。
上記のようにハッシュタグがブレていると片方のタグで検索した人は、もう一方のタグに紐づけられた写真を見れません。
企業は公式ハッシュタグを統一し、サイトや紙媒体で周知し、なるべくハッシュタグが分散しない工夫が必要になります。

そのハッシュタグは何のためにつけるのか?

#企業や店舗名[固定]
#サイト名[固定]
#開催地・店舗の場所
#イベント名
#関連語句いろいろ

といった具合にある程度は定型しておくと運用上も迷わないのではないかと思います。
インスタでは投稿内にサイトへのリンクを設けることができないため、インスタをきっかけにサイトに呼び込もうと思えば再度検索してもらうケースが多くなります。
サイト名やイベント名はサイトを検索してもらう時の検索語句になるので検索結果の上位表示できているキーワードであることを確認しましょう。

あまり多すぎるとスパム扱いされる可能性もあるので限度は考えましょうね。

地域系のハッシュタグは人気投稿を取りやすい

インスタで検索をかけた時に人気の投稿は上部に固定されるのですが、身内だけのいいねで人気投稿に分類されたりするので推したいアカウントを関係者が個人のアカウントで「いいね」するような運用も必要でしょう。

この記事についての補足

SNSはアーンドメディアかオウンドメディアか混同しがちですが、自社アカウントはある程度制御できるのでオウンドメディア、他者アカウントはアーンドメディアと位置付けると理解が早いと思います。

この記事をシェアする

このカテゴリーの一覧に戻る

松下 正平

この記事の投稿者

松下 正平matsushita shohei

アドベネック代表。 WEB制作会社にてコーダーとして実務を経験し、2002年より独立。2006年アドベネック設立。長く大阪市内に住んでいましたが、今は学生時代を過ごした枚方に移住。ゲームは主に通勤時間にやっています。趣味は音楽鑑賞とサッカー観戦。 Googleのデジタルワークショップ修了しました。

  • Ps
  • Ai
  • Pr
  • Ae
  • Dw

同じカテゴリーの投稿

最近の投稿

記事のカテゴリー

アドベネックのSNS