1. アドベネック
  2. アドベネックのブログ
  3. Radiation Island
  4. 僕のRadiation Island滞在記 [準備編]

Posted on May 28, 2016 by matsushita shohei

僕のRadiation Island滞在記 [準備編]

記事カテゴリー: Radiation Island

スマホゲーム「Radiation Island」において、最初の拠点から離れる前にすべきことをまとめました。 ベットの確保、溶解炉の設置、バックパックの拡張は必ず行いましょう。

まずは拠点の確認

最初にすべきことは、拠点の確認です。
拠点(トランジット)とはベットが置いてある小屋ですね。
ベットのない夜は空腹になる速度がびっくりするほど早く、凍えだすので、ベットは夜を越すために必須のアイテムです。
小屋の横には地図?のようなものが置いてあるので遠目で見ても一目瞭然。

砂浜にあるトランジット
スタート地点の砂浜にあるトランジット
島の設備状況を示す装置
地図?何かの装置のようです。

トランジットとトランジットの間は一度走破してしまえばワープできるので準備が終われば新たなトランジットを探す旅に出ることになります。
これがこのゲームの一つのルーチンワークとなります。

拾ってきた素材を加工するための「溶解炉」

このゲームではおいおい素材を拾ってきて加工していく作業が発生します。
そのため、「溶解炉」は必須。
溶解炉は「木」「石」「発火石」を指定数揃えれば作ることができます。

拾った枝と石でも攻撃したり、素材を集めるために必要な道具は作れるのですが、Radiation islandは拠点を一歩離れれば野生動物とゾンビだらけの島なのである程度装備を整えなくては後々大変です。
ですから鉄をつくるための溶解炉は必ず最初に作っておきましょう。

バックパックの拡張

ゲームスタート時、アイテムを保持できる数はかなり少ないです。
そのまま拠点を離れても効率よく素材を集めることができないため、先にバックパックの拡張を済ませておきましょう。
バックパックの拡張には狼の皮が必要になるのですが、鉄製の武器があれば狼はそれほど怖くありません。
武器を装備したら、少し拠点を離れて狼を探しましょう。(狼やライオンはだいたい複数で行動しているので注意してくださいね。)
ただ、気をつけないといけないのはこのゲームは傷を負うとなんらかの処置をしないと致命傷になってしまうこと。
そのため「包帯」や「副木」は先に作っておいて持っておいたほうがいいかもしれませんね。

ここまで出来たら少しずつ探索範囲を広げつつ、装備を整えていきましょう。

この記事についての補足

Radiation island

iOS 7.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。
バージョン: 1.0.6
サイズ : 775 MB
価格:360円

Radiation islandのダウンロードはこちら

この記事をシェアする

このカテゴリーの一覧に戻る

松下 正平

この記事の投稿者

松下 正平matsushita shohei

アドベネック代表。 WEB制作会社にてコーダーとして実務を経験し、2002年より独立。2006年アドベネック設立。長く大阪市内に住んでいましたが、今は学生時代を過ごした枚方に移住。ゲームは主に通勤時間にやっています。趣味は音楽鑑賞とサッカー観戦。 Googleのデジタルワークショップ修了しました。

  • Ps
  • Ai
  • Pr
  • Ae
  • Dw

同じカテゴリーの投稿

最近の投稿

記事のカテゴリー

アドベネックのSNS